カジヤマックスの日常

みなさんこんにちは!カジヤマックスです!

カジヤマックスのブログ

おすすめカテゴリー

ワンパンマン136話から分かった伏線の数々!今後の展開も予想!

ワンパンマン136話が更新されました!

そこで136話のまとめや今後の展開予想をしてみたいと思います!

 

背水の陣となった雑魚怪人

f:id:kaziyamax:20180911144156j:image

地上に出てヒーロー達を倒してやろうと息巻いていた怪人達がボコボコにやられてしまいます・・・。死にたくない怪人達はギョロギョロに文句を言いに行きますが、「死にたくないやつはエサ!」と怪人王オロチのご飯となってしまいます。ヒーローに立ち向かえば死に、戦わなければ死ぬという笑。なんか怪人達が逆にかわいそうになってきました・・・。

 

そしてギョロギョロは雑魚怪人達に「死ぬのが嫌なら存在価値はない」といった発言をしています。最初から彼らには期待していなかったんでしょう笑。

ついに本陣に突入!

f:id:kaziyamax:20180911144304j:image

ヒーロー達がついに本陣へと突入していきます。突入するA級ヒーローはアトミック侍の弟子であるイアイアン、オカマイタチ、ブシドリルの3人とアマイマスクです。実は原作でもこのA級ヒーロー達は本陣に突入しているため、ここまでは原作通りと言えます!

 

キングは原作では突入メンバーとして組み込まれていませんでした。しかしキングが地獄のフブキやシルバーファングに声をかけて一緒に突入していることから、ほとんど原作と同じ展開を歩んでいるといえます。

動向が怪人にバレている??

f:id:kaziyamax:20180911144311j:image

閃光のフラッシュが里の人たちと戦う前に秒で倒した怪人が、

 

「おまえがこのルートから来るのは分かっていた。この狭い通路で戦えるかな笑??」

 

と発言しています。135話でギョロギョロはヒーロー達の実力を見極めるために自身の分身を飛ばして偵察していました。しかしそのときに突入ルートの話は誰もしていないんです・・・。ではどうしてギョロギョロはヒーロー個人の突入ルートを把握することができたのか??

もしかしたらヒーロー協会にスパイが入り込んでいる可能性があります。

 

・・・シッチか?いやまさか・・・

 

閃光のフラッシュvs里の人たち

f:id:kaziyamax:20180911144346j:image

そしてついに始まった閃光のフラッシュvs疾風のウィンド&業火のフレイム。

「おまえを倒してやるわ!!!」

と意気込んでいる割に、まさかの2対1という・・・。1vs1で戦わないのかい!と誰もが突っ込んだシーンでしょう。怪人の力を借りないで戦ったときは2vs1でも閃光のフラッシュの方が優勢でしたが、最終ページ付近での怪人の力を借りた業火と疾風には手を焼いています。

終わりの44期の事件とは?

f:id:kaziyamax:20180911144354j:image

疾風のウィンドと業火のフレイムは閃光のフラッシュと戦う前に

「終わりの44期、事件を起こした張本人」

といっています。おそらく疾風のウィンドと業火のフレイム戦ではこの話題について触れないと思いますが、今後の伏線となる可能性が高いですね!

 

音速のソニックは「正義ごっこでは何も守れない」といった発言を深海王戦のときに発していることから、フラッシュと因縁があることが予想されます。

ソニックは怪人化した業火&疾風にまんまと背後を許していますが、フラッシュは怪人化した2人の初撃を受け止めていることから実力はソニックよりもフラッシュの方が上でしょう!

災害レベル竜になった相手にどんな戦いをしていくのか期待ですね!!

消えた主人公消えたガロウ

f:id:kaziyamax:20180911144407j:image

主人公が何話も出てこないマンガがあるなんて!?って思うくらい出てきませんね笑。サイタマはいち早く地下の異常に気づいて突入しています。原作では突入していた閃光のフラッシュとばったり出会うというシーンがありましたが、疾風vs業火のバトルが始まったため、出会わないで進行していくのかな・・・?

またガロウもここ最近の話では登場してきていません。オロチにボッコボコにされたあとの描写が一回もありませんでした。おそらくギョロギョロが倒された辺りからガロウの回想シーンが始まって「はっここはどこだ!?」っていって起き上がる的な感じで再登場してくると思います笑。もしくはギョロギョロに洗脳されてしまったか・・・。

これからの展開予想

現在予想できるパターンは2種類です。

原作通りのガロウパターン

怪人王オロチ戦を早めに切り上げてガロウ戦へと持って行くのが1つ目の予想です。ガロウは子どもの頃から正義とは何か?について疑問を浮かべてきて、それがヒーローへの恨みへと変わっています。もし原作通りに行くのであれば、「ヒーローとは何か?」をテーマとした展開になっていくと思います。またギョロギョロの人間姿のシルエットが原作で出てきたあの人(ネタバレなので名前は伏せます)に似ていることからガロウパターンのほうが採用されるのかな?と感じます。

オリジナルのオロチパターン

むしろガロウ戦はシルバーファングに任せてオロチ戦に持って行くのが2つ目のパターンです。ギョロギョロは「死」や「力」を求めており、その「死」と「力」を掛け合わせてできた最高傑作のオロチとサイタマを戦わせることで新たな展開となってきます。「怪人王オロチは元々人間であった」というところからでも話を膨らめていくこともできますね!また原作ではシルバーファングとガロウの対面が少なかったことから、2人の会話シーンを増やすこともありえるのかな?と思います。

f:id:kaziyamax:20180911144423j:image

ガロウもオロチの2戦ともサイタマが戦って倒すという線も考えられます。しかしそれぞれで抱えているテーマが違うため、サイタマが2戦とも戦ってしまうと話のまとまりがなくなってしまうのかな?と感じます。しかし怪人王オロチはサイタマ以外では倒せないことからオリジナルパターンの方がありえるのかな・・・?なんて思います。

 

まとめ

さて今回は136話のワンパンマンについてまとめてみました!ついに怪人協会突入戦が始まり、ますます盛り上がりを見せています!これから強敵が現れる中でヒーロー達はどんな戦い方をしていくんでしょうか?

今後の展開に期待!

 

www.kaziyamax.com