カジヤマックスの日常

みなさんこんにちは!カジヤマックスです!

カジヤマックスのブログ

おすすめカテゴリー

ワンパンマン135話から分かった意外な事実!今後の展開も予想!

ついにワンパンマンweb版が更新されましたね!

原作とかなり違うため今後の展開もどうなってくるのか楽しみですね!そこで今後の展開予想をしていきたいと思います。

 

圧倒的モブキャラの頑張り

原作ワンパンマンと違う点はA級B級などのモブキャラの戦闘シーンが多かったことです。またモブキャラの戦闘力は意外に高く、S級ランクのヒーローも感心するほど。最終的にはS級ヒーローが敵を一掃しましたが、その活躍から、このキャラ達も再び登場すると思われます。いろいろなヒーローが登場しましたが「怪縛のシェル」が良かったです。このキャラは3コマしか登場していませんが、縄を操るというTHE地味な能力で敵を捕獲していきます。今後の活躍に期待です。

f:id:kaziyamax:20180811204755j:image

また原作ではシルバーファングや鬼サイボーグは音信不通という状態でしたが、リメイクではあえてアジト潜入メンバーから省いています。メタルナイトの「隣のものを信じるな」というセリフも今後の布石になると思われますね!

メタルナイトが既に何かの情報をつかんでいる、もしくは原作にはなかったヒーロー協会内の裏切り者を指していっていたのかもしれません。

新しい敵の登場

ジャガンという新しい敵も登場しました。原作では一度も登場していないキャラです。1話の中でタツマキに倒されてしまいますが、災害レベルがわからないことから今後の登場も予想されます。怨念を身にまとい強くなる能力のため、あえて雑魚敵をS級達に倒させてジャガンの力を強くしようとしたかもしれません。今までこのキャラが登場するような布石はなく、突然登場したためこのまま消えるとは思えません!もしかしたらこういう新怪人が突然登場してくる可能性もありますね!

f:id:kaziyamax:20180811204808j:image

またギョロギョロは「死を超えることで強くなる」という発言をしているため、怪人王オロチを超える怪人を作るためにあえて雑魚敵をけしかけたという説も考えられます。ギョロギョロは遠くからヒーローの監視をしており、ヒーローの特徴や弱点を観察していた可能性が高いです!ヒーローを観察するためには雑魚敵が必要だったのかもしれません。なんにせよ雑魚敵はただの材料としてギョロギョロに使用されたことになります。

サイレスラーの登場から分かること

サイレスラーは地上最強を目指している怪人。ここに登場してきたのはギョロギョロの「死を超えた強さ」がサイレスラーに伴う可能性があったからだと考えられます。サイレスラーの死に際にギョロギョロはサイレスラーを無関心で眺めていることからサイレスラーの覚醒を多少期待していたのではないでしょうか?しかしサイレスラーは覚醒することはなく、おのれの負けを認めてしまいました。

f:id:kaziyamax:20180811204819j:image

サイレスラー登場から分かること②

サイレスラーはヒーローの攻撃を採点するというクセをもっています。サイレスラーの採点だと幹部がS級の見込みがあるといったヒーローは50点以下しか獲得していません。サイレスラーが強がっていると考えることもできますが、アトミック侍を100点としたことからおおよそ正しい評価と言えるでしょう。2点と評価されているヒーローは一体誰なんでしょう・・・。

f:id:kaziyamax:20180811204831j:image

今のヒーローとS級ヒーローのレベル差がありすぎるため、怪人協会後のヒーローの力不足がより深刻化になるかもしれません。将来S級の見込みがあるといって連れてきたヒーローが束になっても負けています。サイレスラーの災害レベルは鬼であり、このレベルに束になって勝てないとなると今後のヒーロー協会は厳しい立場になっていくかもしれません。

ヒーローに襲いかかる怪人の違い

最後のコマでギョロギョロが幹部レベルの強さをもつ怪人を集結させています。ほとんどは原作のワンパンマンと同じ敵ですが、ニャーンはいなかった気がします・・・。エビル天然水は130話に出ていることからおそらく登場するでしょう。また閃光のフラッシュに敵意をもつ怪人(里の者)やプリズナーに敵意を持つ怪人(ニャーンの手下)がいることから怪人協会戦はずいぶん長引きそう。ここでギョロギョロが「分かった」という発言をしています。おそらくさっきのヒーロー達の戦いを見て弱点が判明したということなのでしょう。原作から見てもこのキャラ達が難敵になるのは間違いなさそうですね!

f:id:kaziyamax:20180811204844j:image

原作と違って敵の数が非常に多いため、1vs1ではなく1vs5くらいで進めて行かないとずっとに終わらなさそう笑。もしかしたら幹部クラスの怪人の強さを下げて展開のテンポを良くする可能性も見えましたね!個人的にエビル天然水が好きなのでできれば登場シーンを増やしてほしい笑。

3回読み返して気づいたんですが最後のページのところに怪人王オロチが後ろにいたんですね笑。全く気づかなかった!

出てこない主人公

ここ何話かサイタマがでていません。サイタマは地下の音に気づきマンホール下をくぐっています。ヒーロー協会のメンバーがアジトに到達する前にサイタマが突入なんてことも考えられますね!また1vs1になるなら宇宙船と同じように「サイタマvs怪人王」が見れるかもしれません!

またガロウとサイタマは何回か接触しており、怪人協会戦でも一戦交えることが予想されます。サイタマはヒーローとは何かについて悩んでおり、ガロウ戦でなにかしらのヒントを見つけると思います!

135話で疑い深くなった関係性

みなさん今回の135話を読んで一つ疑問に思いませんでしたか・・・?

それは、下のキャラがとてーも似ていること

f:id:kaziyamax:20180811204900j:plain
f:id:kaziyamax:20180811204857j:plain

ポイズンとスネックがめっちゃ似ています。さらに名前にご注目ください。「スネック→スネーク=ポイズン」という関係性まで付け加えられます。これは偶然であるはずがありません。原作ではポイズンというキャラクターは出てきていないため確定できませんがおそらく血縁関係にあるはず。

構え方や雰囲気、着ている服のセンスもバッチリです。今後、スネックとポイズンとの兄弟話が出てくることを期待しましょう!

まとめ

135話はページ数が多く読み応えがありましたね。サイレスラーは少し悲しい死に方をしてしまいました。サイタマが全く出てこないので来週こそはワンパンを披露してほしいですね笑。また原作と同じように1vs1みたいになるのか?ガロウはどこにいったのかなども期待です!